ピルの副作用

多彩ピルの副作用の名簿になります
吐き気、頭痛
つわりものの変調ですが、頭痛や吐き気を引き起こしたり講じる場合があります。

 

眠気、だるさ
体調がだるくなったり、体温が出ることから眠気を捉え易くなります。

 

・苛苛やうつ
ホルモン分散が変化する事で、精神的に不安定な地位が起こる場合があります。不安定な状態になると、苛苛したりうつといった症状が現れる場合があります。

 

バストの張りや疼痛
受胎ものの地位となる結果、バストがはったり疼痛を感じたり講じる場合があります。

 

曲事出血
急性ホルモン分散のトランスフォーメーションで、子宮心理膜の一部がめくれ曲事出血が起こる場合があります。

 

ピル摂取復路、数日から数週間で副作用は寛ぎますが、場合によっては数ヶ月貫く場合もあります。多くの変調は、毎月~2ヶ月程度でホルモン分散が安定してくる為、軽減していきます。

 

ただし、人によっては体調にピルの根源が合っていない方もいますので、クリニックを受診してドクターに質問ください。品種の転換や服用している根源件数の工夫が必要な場合があります。

 

血栓症
ピルの副作用の中で注意が必要なのが、こういう血栓症だ。血栓症は、血が固まってしまう事で血管を塞いでしまう静脈血栓症だ。

 

ピルの根源です、エストロゲンが血を固めて仕舞う効用を持っている結果、血栓症のリスクがあると言われています。

 

変調としては、むくみやふくところはぎなどの痛み、しかたや歩きに痺れがあるシーン、静脈血栓症の先触による変調の可能性があるので、一気にクリニックを受診してドクターの診療にあたってください。

 

また、タバコ奴、肥満の方法、高齢の方法は静脈血栓症の発症リスキーが高まりますので注意が必要です。

 

副作用を敬遠しピルの摂取を躊躇っている方法の中には、ひどいメンス痛を我慢していたり、メンス循環が安定しないなど、ピルを服用する事で大きな上達を見込めるほうが多くいます。自分に当てはまる使い方を見つけ、上手にピルと付き合いましょう。

 

ピルの副作用名簿

・悪心、嘔吐
・ヤキモキ
・心悸亢進
・胸緊満イメージ
・発赤
・静脈瘤
・頭痛、偏頭痛
・頭重イメージ
・腰痛
・胸痛
・胸締めつけ
・乳汁分泌
・胸痛
・胸部飽満イメージ
・胸のつかえ
・動悸

・不整脈
・皮膚そんなふうに痒イメージ
・じんましん
・下腹痛
・抑うつ
・肝斑
・抜毛
・腫れ
・アトピー性皮膚炎
・ざそう
・帯後述
・発熱
・ウエイトup(一時的)
・口内炎
・火照り
・エナジーイメージ

・頻尿
・食欲亢進
・食欲不振
・バストやけ
・口渇
・疲弊
・手足のこわばり
・消退出血液の欠落
・腹痛
・痺れ
・胸増幅
・欲情喪失
・シミ
・咽頭痛
・眠気
・下肢痛

・不感症
・生理痛
・性交痛
・経血液件数の増幅
・子宮頸部の浮腫
・子宮肥大
・ふらつき
・眼のかすみ
・めまい
・息苦しさ
・皮疹、プツプツ
・顔面紅斑
・顔面腫れ
・便秘
・下痢
・血圧上達

 

※これらの全てがピルによる副作用かどうかは明確では有りません。

 

ピル通販TOPへ