アフターピルによる避妊

下にアフターピルのアイピルによるときの、日にち別個避妊成功率をまとめました。
・性行為後半終日以内の服薬    95%以来
・性行為後半25~48日にち以内の服薬  85%以来
・性行為後半49~72日にち以内の服薬  58%以来

 

避妊失敗してしまった性行為から日にちが経過すればするぐらい、アフターピルの避妊効果は下がります。

 

※アフターピルのアイピルはノルレボのジェネリック薬で、低価格でノルレボ同効果の非常時避妊薬だ。

 

エラに関しましては、5日間まで効果が貫くアフターピルだ。

 

ピル,低用量ピル,値段,通販,市販,効果,副作用,最短

 

アフターピルによる避妊の仕掛け
アフターピルの効用には、プロゲステロン(黄体ホルモン)の役目が大きく関わっています。

 

プロゲステロンの役目は、排卵4週が経過するとエストロゲン少なくなってきますが、この時期にプロゲステロンが放散され、子宮に卵子が着階とれる状態にすることです。

 

そうして、プロゲステロンの分泌がなくなると共にメンスが起こります。 こういう役目によるのがアフターピルだ。

 

アフターピルを服用したとき、配合されているプロゲステロンが放出された時とおんなじ状態になり、プロゲステロンが無くなった時にメンスが発生します。

 

アフターピルを服用する事で、大体服用してから3お天道様程度でメンスが発生します。

 

大体、セックスから妊娠するまでの期間は週~10お天道様等時間がかかります。

 

これは、卵子に精子が受精していたとして、受精卵が子宮まで移動して現れる日にちだ。

 

つまり、この間にメンスが起こった場合は、受精卵の着階を防ぐ事が望めるという仕掛けで、アフターピルの避妊効果があるのです。つまり、出血が避妊命中のしるしにもなるのです。

 

しかし、アフターピルを服用したとき、100パーセンテージ避妊もらえるというわけでは有りませんので注意が必要だ。

 

アフターピルを服薬後半、長年メンスが欠ける場合は、おめでたの確認が必要でしょう。

 

基本的には、アフターピル使用後には、出血の在る無い関わらず、おめでた診療が必要でしょう。

 

ピル通販TOPへ